人財育成の方法とポイント

人財育成の方法とポイント

人財育成の方法とポイント 部下に業務の実行を徹底させるための手段が人財育成 計画です。
「仕事を覚えない」「人材が育たない」こんな悩みを抱える経営者はこれらの原因を社員の能力のせいだと思っていないでしょうか?それは社員に覚えさせる環境・機会を与えていないから。厳しい経営環境だからこそ注力したい人財育成 計画としてマナーやルールが必要不可欠なのです。
報連相、指示、5S、挨拶 身だしなみ 朝礼 電話対応 会議 クレーム対策 接遇など、組織が機能するためには思いつくだけでもこれだけあります。これらは自然に身に付くものではありません。厳しい経営環境にある今だから人財育成 計画に着手しなければなりません。
人財育成 計画には時間がかかります。しかし、これを抜きに会社の存続はないといっていいでしょう。
求める優秀な人材は採用時ではなく、採用後の人材の育成・教育によってつくるものと考えるべきです。従業員を育てていく際には明白なカリキュラムが不可欠だが、それが抽象的な表現や観念論的な単位では教育効果測定ができません。本人もやりがいがなく、自己育成について自発的なプランが作れないし、報酬とも無関係となってしまいます。
企業における「ヒト」の育成・教育は「人材」を『人財』に育てることです。目先の売上げだけに目がいっていると、最悪「人材」が『人罪』になりかねません。

最新記事